0803,07_12.jpg

福井裕孝 

Hirotaka FUKUI

1996年生まれ、京都府出身。人・もの・空間の関係を演劇的な技法を用いて再編し、その場の全体的な状況を異なる複数のスケールやパースペクティブから捉え直す。近年は『モデルルーム』 (2018)、『インテリア』(2018)、『マルチルーム』(2019) など、部屋という空間単位から作品を製作する。公益財団法人クマ財団クリエイター奨学金第二期生。下北ウェーブ2019選出。ロームシアター京都×京都芸術センターU35創造支援プログラム“KIPPU”選出。2022年度よりTHEATRE E9 KYOTOアソシエイトアーティスト。

掲載

◼︎ artscapeレビュー 20180601日号

『インテリア』 レビュー (山﨑健太氏)

◼︎ 雑誌『ケトル VOL.484月号

『デスクトップ・シアター ワークインプログレス』 レビュー (桜井圭介氏)

◼︎ artscapeレビュー 20190515日号

『デスクトップ・シアター ワークインプログレス』 レビュー (山﨑健太氏)

◼︎ artscapeレビュー 20200415日号

『インテリア』 レビュー (高嶋慈氏)

◼︎ 冷凍都市でも死なない

「集まれない」世界の中で -文化的に死なないために-

◼︎ EVELA

『ものが来て、ものが観て、ものが帰る』

寄稿

◼︎ 雑誌『現代詩手帖』11月号 「演劇に行こう-越境する言語と身体」pick up アンケート

http://www.shichosha.co.jp/gendaishitecho/ 

◼︎ F/T campus『演劇書簡 -文字による長い対話-』

https://www.festival-tokyo.jp/media/ft18/shokan_fukui