シアター・マテリアル / Theater Material 

箱馬とは、舞台の設営時に用いられる木の箱です。高さをつくったり、空間を埋めたり、様々な場面で用いられますが、それ単体が自立したオブジェクトとして私たちの前に現れてくることはありません。箱馬は常に何か全体に従属する部分として、または何かの手段として存在しています。このプロジェクトは、箱馬を劇場空間から一時的に切り離し、ただの「黒い箱」として異なる環境下で一定期間保管したあと、また劇場空間に復帰させるという一連の作業のプロセスを記録・収集し、最終的にドキュメントとして発表します。今回は京都と東京の劇場が所有する箱馬をそれぞれ[家]と[山]に送ります。箱馬に覆いかぶされてきた均質的な「黒」が新しい環境に順応していくにつれて徐々に「脱色」して別の価値へと置き換わるようなこと。あるいは周囲の環境が持ち込まれた劇場の断片によって変容していくこと。外の世界との新たな出会いを期待して、劇場から箱馬を送り出します。

 

A. 黒い箱を預ける[家]

2020712- 81

THEATRE E9 KYOTO、家(非公開)

​アーカイブページ

コンセプト|福井裕孝

記録撮影|中谷利明

協力|THEATRE E9 KYOTO (一般社団法人アーツシード京都)

助成|新型コロナウイルス感染症の影響に伴う京都市文化芸術活動緊急奨励金

 B. 黒い箱を預ける[山]

2020724- 89

吉祥寺シアター、東京郊外の山(非公開)

​アーカイブページ

こちらの取り組みは​2020727付で実施中止となりました。

吉祥寺からっぽの劇場祭 プログラム取り下げのお知らせ

コンセプト|福井裕孝

主催|吉祥寺シアター(公益財団法人 武蔵野文化事業団)

​吉祥寺からっぽの劇場祭

Kyoto, Japan

© 2020 Hirotaka Fukui