インテリア / Interior 

帰宅し、靴を脱ぎ、電気をつけて、スーパーの袋を床に置き、手を洗い、タオルで拭く。テレビをつける。テレビを見ながら靴下を脱ぐ。豆苗を陽に当てる。一人暮らしの男が家に帰宅し、再び外出するまでの間に起こる出来事。生活者の一日のルーティーンを淡々と繰り返しながら、人とものと空間の相依的な関係性を描いた。

201857- 510

trace

構成・演出|福井裕孝

出演|向坂達矢, 金子実怜奈

舞台監督|長峯巧弥 

音響|宇野愛生 

制作|溝端友香 

会場運営|高嶋Q

協力​|後付け,  京都ロマンポップ解散中,  劇団西一風

劇評|「モノたちの演劇、あるいは片付けられない部屋」山﨑健太

Kyoto, Japan

© 2020 Hirotaka Fukui